お赤飯 煮豆 手作りするなら虎産で
ショッピングガイド
プライバシーポリシー
特定商取引に基づく表記
トップページ

「炊飯器で作るお赤飯」


あなたのアイデアもお待ちしています!


炊飯器で簡単に手作りできるお赤飯商品をご案内!


お赤飯の作り方に関するご質問にお答え


「黒豆茶」のレシピを追加しました。








弊社製品の安全情報についてはこちら

小豆の煮方 ぜんざいの作り方 あんこの作り方 虎屋産業


作り方

(商品の裏面にも記載してあります。)

‘Α碧務ぞ豆)を水洗いします。
豆の約3倍の水で強火にかけて、ひと煮立ちさせ、一度「ゆでこぼし」をして「アク」をとります。

「ゆでこぼし」とは、豆をザルに取り煮汁を捨てることです。豆のえぐみ(渋み)が取れます。(右写真参照)
新たに約4〜5倍の水を加え、沸騰後、沸騰が続く程度の弱火で「差し水」をしながら、1〜2時間位、豆の芯が柔らかくなるまで(豆を指ではさんで、楽につぶれる位まで)ゆでます。

「差し水」とは、豆が煮汁から出ない様に、水を適量足すことです。(左写真参照)
*途中浮いてくる「アク」を、時々取りながら煮てください。
た弔泙任笋錣蕕くなった豆に、豆と同量の砂糖と塩少々を入れて味付けしてください。(砂糖の量はお好みにより調整してください。まずは、豆の半量くらい入れ、味見をしてください。

*ぜんざいを作る時は、ここで焼いたおもちを入れて、器に盛り付けます。

豆に芯が残ったまま味付けをすると、この後、長時間煮てもやわらかく仕上がらないので、注意してください。
つぶしあんの作り方
でやわらかく煮あがった豆の煮汁を捨て、お好みの量の砂糖、塩少々を加え、中火で木べらなどでつぶしながら練り上げます。

北海小豆
商品番号:2-5
*内容量/200g *賞味期限/1年 *産地/北海道






ISO認定取得

ショッピングガイド
プライバシーポリシー
特定商取引法に基づく表記
会社概要